おでかけプランのおすすめ!

 

皆さん、こんにちは。

先日、南知多にドライブがてら、オープン当初から気になっていました、

ミツカンミュージアムに行ってきました。

おでかけプランの参考になればと思い、紹介します。

 

このミツカンミュージアムは愛知県、半田市のミツカン本社に隣接しています。

見学は定員予約制で、ガイドさんが説明してくれるので、

混み合うことなく、わかりやすい見学で良かったです。

 

なぜ、ここ半田で、お酢作りが栄えたのか・・・

体験型博物館の始まりです。

もともと創業者は酒造業を営んでいました。

「酒をつくると大量の酒粕ができる、この酒粕を生かせないか?」

酒粕のリサイクルからお酢づくりを思いついたそうです。

 

昔のお酢の製造方法のなんて手間のかかること!

対比して、今の製造工程まで詳しく説明してくれます。

 

江戸時代、半田のお酢は江戸の人々にたいへん好まれたそうで、

江戸まで船でお酢を運んでいたそうです。

 

このブースには、実寸大で復元したその当時の船が展示してあります。

お酢の製造工程から江戸の寿司文化など、どちらかというと

小学生の高学年あたりから興味を持つかな?といった見学が続いたところに、

大きな船が現れて、しかも乗れますよ~とのガイドさんの説明に

小さなお子さんたちは大喜びでした♪

 

①

お酢の歴史の見学以外にも、お酢を使った料理紹介のブースもあり、

献立の参考になりました。

これから暑くなる季節は、お酢を使った料理を好んで作ります。

食欲増進、疲労回復などが期待できますから、夏バテしないよう

意識して食生活に取り入れたいです。

 

②

③

どれも美味しそうですね。

お土産に、江戸時代の風味がよみがえる!なんて書かれていたお酢を一つ購入しました。

醤油かと思うほどの黒い色のこのお酢は、とてもうま味が濃いお酢でした。

お塩を控えめにして、日々の料理に色々と使えそうです。

 

④

この山吹を使ったメニューの紹介に、いかとオクラの酢の物、

鶏としめじの酢の物、などが紹介されていました。

淡泊な食材にうま味の強いお酢は、とても合いそうです。

ぜひ作ってみようと思います。

 

子ども体験コーナーでは、なりきり寿司屋さんなど人気がありましたよ。

館内に展示された寿司の模型が大きく、見やすい展示のためかな?と思っていましたら

江戸時代の握りずしは現在のものと比べると2~3倍の大きさだったそうです。

 

館内の資料をたくさん集めていた小学生くらいのお子さんがいましたが、

夏の自由研究に取り組むのに良いかもしれません。

江戸時代の食文化に関わるお酢の製造から、お酢の効能、お酢を使ったレシピまで、

まとめ上げたら、なかなか立派な奥の深いレポートが出来そうです。

 

70分ほど時間をかけて、のんびり、ゆったりと色々なブースを体験することが出来ました。

皆さんもぜひ体験してみてください♪

 

 

 
[ ベルサンテスタッフ 名古屋支社 ]

愛知県名古屋市中区栄2-1-13 ダイアパレス伏見 3F 地図

TEL:052-229-9973

MAIL:info@bellsante.co.jp

 

★☆ 保育専門の求人サイト ☆★
ベルサンテスタッフが運営する”保育専門„の求人サイトです。
求人は随時更新されます。お気軽にご覧ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>