SMILE BLOG vol.2 ~保育に復帰して良かった~

 

ベルサンテスタッフから発信する、保育の明るいニュース!

心の中が少しでもホッとしていただければ幸いです。

 

SMILE BLOG

<保育って楽しい>と思っていただく方が拡がっていくように!

 

 

 

今回は、ベルサンテスタッフから現在勤務をしてもらっている、

幼稚園のお子さんがいる主婦の方のお話です。

 

30代の保育士Aさん

もともと幼稚園や保育園での経験はあった方ですが、

結婚・出産を機に、しばらくお仕事からは離れていた方でした。

 

独身の時とは違い、お仕事ができる時間が限られてしまう・・・

短時間で働きたい・・・せっかく経験もある保育で頑張りたい・・・

でも、こんな都合の良い条件で見つかるのか?

そんなお気持ちの中でベルサンテスタッフにご応募をいただきました。

 

 

日中の短時間というのは、確かに求人としては少ないです。

当初はこちらもすぐにご案内できなくて、お待たせしてしまいました。

でも、当初からAさんは絶対に保育の現場で活躍してほしいという思いもありました。

 

 

 

年度途中から勤務を始めたAさん。

最初は子どもたちも途中から来た保育士さんに警戒して、

泣いたり叫んだりとすぐには懐いてくれませんでした。

担当クラスは0歳児さんでしたが、Aさんは幼稚園歴が長く、

0歳の子どもと関わったのは自分の子どもだけという経験でした。

 

【何でなかなか懐いてくれないのかな?】

【何でこの子は泣いているのかな?】

 

最初とまどったこともあったようです。

これまで務めてきた幼稚園では、主に幼児さんとの関わりだったので、

子どもたちも言葉で思いを伝えてきてくれていましたが、

0歳の子どもはまだ喋れないので何をしてほしいのかに気付いてあげることが・・・

まして、子どもは一人一人性格も違います。

働き始めて最初の壁にぶち当たってしまったようです。

 

でも、Aさんは前向きに考えていました。

壁から逃げずに、乗り越えようと子どもたちとしっかり向き合う選択をしました。

やっぱり、この方は保育で頑張れると確信した瞬間でした。

 

 

勤務して約3ヶ月が経ちます。

先日、Aさんはこんなことを私に言ってくれました。

 

「この園を紹介してくださってありがとうございました。これからもこの園で頑張りたいです。家庭との両立で上手くできるかなと思ってましたが、仕事も子育ても上手くいっています。このような条件で私を受け入れてくれた園にも感謝しています。」

「最初は警戒していた子どもたちも、私に懐いてくれるようになりました。手を広げてあげれば、子どもも手を広げて寄ってきてくれます。子どもたちからも抱っこしてと寄り添ってきてくれるようになりました。」

「こうやって子どもたちが自分を受けいれてくれるようになったとき、保育に復帰して本当に良かったと思います。」

「でも、まだまだ乳児さんとの関わりはこれからも勉強しないといけないですね」

 

 

 

もっともっと素敵な保育士さんになると思います。

これからも、どうしてあげたらこの子は喜ぶのかということで悩みや葛藤もでてきますが、

Aさんはもっとその子に向き合って、工夫して乗り越えることでしょう。

それができた時の喜びが保育のやりがいとして、これからも頑張ってほしいです。

今後もしっかりサポートしますね!

 

 

 

 
[ ベルサンテスタッフ 名古屋支社 ]

愛知県名古屋市中区栄2-1-13 ダイアパレス伏見 3F 地図

TEL:052-229-9973

MAIL:info@bellsante.co.jp

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>